授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » 授業支援システムとは? » 授業支援システムのトライアルについて

授業支援システムのトライアルについて

本記事では授業支援システムのトライアルについて、得られることやトライアル事例についてご紹介します。授業支援システムの導入を検討する際の参考にしてください。

授業支援システムのトライアルで得られること

運用方法の精査に役立つ

システムを導入したいと思っても、運用がうまくできるか、導入して業務がどのようになるのか、想像がつかないケースもあるかもしれません。授業支援システムのトライアルをすると、運用した後における従来の業務との切り分けも含め、運用方法が明確になるでしょう。

本格運用の際の効果を実感できる

トライアルをすることにより、学校・家庭での子どもの状況把握がしやすくなり、環境を調整しやすくなったとの効果が報告されています。育成計画の見直しも楽になったとのことで、不登校児童が投稿できるようになったとの結果もありました。授業支援システムはトライアルであっても、本格運用の際の効果を実感できるもののようです。

授業支援システムのトライアルの事例

事例1:ハイブリッド授業において利便性が高く感じられた事例

コロナ禍により浸透したハイブリッド授業では、授業支援システムによって高い利便性を感じた学校が少なくありませんでした。トライアルではもちろん、本格導入においても利便性の高さを感じられるでしょう。

参照元:PRTIMES(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000004876.html)

事例2:生徒1人1人にあった支援を目指せるようになった事例

トライアルを実施した学校の中には、心や身体の問題を抱える生徒を支援している学校もありました。そのような学校でのトライアルでは、生徒1人1人に適した支援を目指せる点で授業支援システムへの評価が高まったそうです。 項目をチェックしてシステムに入力するだけで、適した支援策がわかるため、支援者が変わっても情報共有がしやすくなる効果が得られました。

参照元:@Press(https://www.atpress.ne.jp/news/381574)

事例3:教育方針や評価に合わせたカスタムができて使いやすい

授業支援システムをトライアルした私立学校では、教育方針・評価に合わせたカスタムできるところが使いやすいと感じられたようです。出欠管理などもわずか3ステップで記録できて、情報の入力・共有ともにしやく、操作も簡単だったとのことでした。

参照元:@Press(https://edu.watch.impress.co.jp/docs/news/1390460.html)

授業支援システムのトライアルについて把握しておこう

多くの授業支援システムではトライアル制度が設けられています。トライアルを利用すると、運用方法の精査に役立ったり、実際に本格運用した際の効果について体験できたりとさまざまなメリットがあります。

実際に授業支援システムをトライアルした学校では、その利便性や効果を実感できたようです。導入を検討しているなら、トライアル制度について把握したうえで、試してみると導入するべきかどうか判断がしやすくなります。

しかし、システム導入に際しては、トライアル以外にも知っておくべきことがあります。当サイトでは、授業支援システムの導入によって叶えたい授業スタイルごとに、適した授業支援システムをご紹介。どのように授業を進めていきたいかを考慮し、適したシステムを選んでください。

叶えたい授業システムについて詳しく見る

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選