授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » 授業支援システムとは? » AIを活用した授業支援システム

AIを活用した授業支援システム

本記事ではAIを活用した授業支援システムについて、効果やメリット、注意点をご紹介します。具体的なシステム事例も掲載していますので、導入を検討しているならぜひ参考にしてください。

AIを活用した授業支援システムとは?

成績処理業務の簡易化をはかる

AIを活用した授業支援システムを導入すると、成績処理業務の簡易化がはかられます。システムによっては採点をした後の手書きの文字を読み取り、照合させることにより結果を自動的に集計する機能が搭載されていることがあるためです。

学生情報のリストとの照合作業を人が行う必要がなくなり、採点に関する業務負担が軽減されます。

生徒同士の学び合い効果が期待できる

リアルタイム表示ができるAI授業支援システムであれば、設定変更により、生徒同士の学び合い効果も期待できます。たとえばクラスメイト同士がわからないところを教えあえれば、より一層理解が深まるかもしれません。

SNSのようないいねボタンがあるシステムもあり、クラスメイト同士の仲が深まるきっかけになることもあるでしょう。

振り返りの質の向上効果がある

振り返りテキスト分析の機能を使えば、クラスメイトが行っている振り返り学習を全員で共有することも可能です。他の生徒の振り返りを参考にすることで、より品質の高い学習を行っていける可能性もあります。

子どもを管理しすぎてしまう懸念

AIによる授業支援システムにはさまざまなプラスの効果が期待できますが、反面、子どもたちを管理しすぎる要素になってしまう懸念もあります。

たとえば子どもの性格や学習状況を分析しすぎたり、適した進路を大人が決定するのは、子どもの選択肢を狭めることにもなりかねません。注意点として、AIによる分析に頼りすぎず、子ども自身を見ることも大切であると考えられます。

AIを活用した授業支援システム事例

スクールタクト

「スクールタクト」はブラウザで稼働するタイプの授業支援システムで、文字や図、表の入力をリアルタイムで見ることができる点が特徴的です。

多くのシステムでは、入力が完了し、送信した時点で入力した文字が見られるようになります。しかしスクールタクトではリアルタイムに入力されるところが見られるため、生徒1人1人の理解度がわかる仕組みです。

その他、他の生徒に対していいねボタンを押したり、コメントを入力したりできる機能も搭載されており、子ども同士の関係性を把握できるほか、1人1人の性格や積極性もはかれます。

参照元:みんなの教育技術(https://kyoiku.sho.jp/241916/

in Campus Scan

教師の採点業務を簡易化させるためのシステムが「in Campus Scan」です。採点したテストやレポートをスキャンすると手書きの文字を読み取り、自動集計したうえで学生へのフィードバックが行われます。

テストやレポートが生徒に返却されるまでの対応も可能であり、採点業務を自動化させるために役立つ授業支援システムです。

参照元:Canon(https://www.canon-its.co.jp/news/detail/?id=10440

AI活用以外にも授業支援システムの機能をチェックしよう

AIを活用した授業支援システムには、システムごとにさまざまな効果やメリットが期待できます。子どもを管理しすぎる危険性もありますが、注意して活用すれば生徒の学習に大きく貢献する存在となるものです。

しかし授業支援システムを導入する際には、「叶えたい授業スタイル」に合わせて選ばなければなりません。当サイトでは授業スタイルに合わせた授業支援システムをご紹介しています。これからの導入を検討しているなら、ぜひ以下のページを参考にしながら、理想とするスタイルを叶えてください。

叶えたい授業システムについて詳しく見る

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選