授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » 日本と海外のICT教育

日本と海外のICT教育

ICT教育とは、International and Communication Technologyの略称です。インターネット環境下で、パソコンやタブレット端末を使って授業を行い、教育の質向上を目指しています。

日本と海外のICT教育の現状について解説します。

日本のICT教育の現状

先進国であり、通信技術が発達していると思われている日本です。しかしICT教育の導入は他の先進国と比べ、「遅れている傾向」にあります。

そんな中、日本でも、2020年から初等教育の各科目において、プログラミング学習が実施されることになりました。しかし他国と比較してかなり遅い実施です。かつ、プログラミングという科目ではなく、”各教科の一部で”専門ではない先生からプログラミングを教わるというかたちです。

日本のICT教育は、「教師側の指導力」にも課題があるでしょう。

参考元:ハイパーブレイン(https://www.h-b.co.jp/blog/202009_28hbi/)

海外のICT教育の現状

アメリカ

IT大国のアメリカでは、教育分野においてもICT化が進んでいます。多くの学校で、生徒に自身のスマートフォンやiPadの使用を許可する体制をとっています。

イギリス

イギリスでは電子黒板を活用した教育が実施されています。導入率は小学校、中学校ともに日本と比較して高い数字となっています。

韓国

韓国では2010年から多額の予算をかけて、ICT教育の普及を進めてきました。国が開設した教育ポータルサイトでは、教員が教材・学習ツールを共有できます。

オランダ

オランダは学習進捗管理をアプリで共有しています。生徒と学校だけでなく、保護者も学習状況を気軽に確認することができます。

フィンランド

フィンランドは90年代からICT教育に取り組んでおり、海外でも有数のICT教育先進国といえます。インターネットの整備率は、基礎学習・高校ともにとても高く、ほとんどの小学校で電子黒板が使われています。さらに、VRグラスを授業に取り入れる仕組みも導入されつつあります。

シンガポール

シンガポールには「フューチャースクール」という制度があります。各学校が、ICTを活用した教育法を提案し、認定されると一人一台のタブレット型PCが支給されるなど支援が受けられます。

参考元:Samurai engineer blog(https://www.sejuku.net/blog/117306)

日本と海外のICT教育の効果

ICT教育の先進国では、小学校から「プログラミング教育の導入」をしており、「パワーポイント」を使い、資料から作成してプレゼンテーションを行うなど、すでにスムーズに使用できています。

また、フィンランド・スウェーデンの「マインクラフト」(ものづくりゲーム)や、「ゲーム感覚で遊ぶ算数問題」など、子どもたちは楽しみながら学習をしています。そのため、満足度もかなり高くなっています。

日本でも、平成22〜25年度に小・中学校の実証校(18校)に、一人一台のタブレットPCや電子黒板、無線LANなどを整備。さらに教員やICT支援員が作成したデジタル教材などを活用し、効果や影響について実証しました。

児童の約80%は、「楽しく学習することができた」「コンピュータを使った授業は分かりやすい」など、肯定的に評価しています。そして、児童のICTスキルも向上しています。

また、教員側の意識も児童の「意欲を高めること」「理解を高めること」などに関して、効果的であると80%以上の教員が肯定しました。電子黒板についても95%の教員が「使いやすい」と評価しました。

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選