授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » LMSとは

LMSとは

LMSは、eラーニングを行う際に必要な教材の配信や成績などを管理するシステムで、学習管理システムとも呼ばれます。教育や研修に役立つとして近年注目されていますが、詳しくはわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、LMSの概要や主な機能、メリットについて紹介していきます。

LMSの概要

LMSはLearning Management Systemの略で、学習管理システムとも呼ばれています。パソコンやスマートフォンで学習するeラーニングのベースとなるシステムで、学習教材の配信や受講状況、成績などを統合して管理できる機能を搭載しています。

インターネットの発展とともに、オンライン教育が当たり前になってきている近年。インターネット上に教材を保管するeラーニングは、情報更新の早さやコストの削減でメリットがあり、多くの教育機関や企業で導入されています。しかし、eラーニングは関係のないユーザーが利用できないように、受講ユーザーの管理が必要なことや、どの教材から始めるかユーザーに伝える必要があることなど、いくつかの問題点がありました。

eラーニングの問題点を解決するために開発されたのがLMSです。オペレーションシステムのように必要な機能を搭載し、簡単に操作できるプラットフォームを作れば、学習教材の配信のほか、学習履歴や成績情報などを一括管理できるようになりました。

LMSの主な機能

LMSは学習状況や成績などを統合して管理するシステムだと紹介してきましたが、管理機能のほかにコミュニケーション機能も備わっています。

学習状況の管理

LMSの主な機能として学習状況の管理があげられます。受講者と教材の管理のほか、学習の進み具合も管理できるので、受講者1人1人の講座の進捗状況やどの教材を割り当てるかなどが一目でわかります。アカウントの増減に対応しているほか、グループ化して異なる教材を提供することも可能です。

コミュニケーション機能

学習状況の管理を行うだけでなく、コミュニケーションを促すシステムを搭載している場合があります。例えば、サイト上でアンケートができる機能や、ディスカッションを行える機能のほか、講師に質問できる機能もあります。これまで1人で学習を進めるイメージが強かったオンライン学習ですが、一緒に学ぶ人たちとコミュニケーションを取りながら勉強できるようになっています。

LMSのメリット

LMSを導入する際の、生徒・教師・管理者それぞれのメリットについて解説します。

⽣徒側のメリット

受講生のメリットは主に4つあります。

学習の進捗状況が常に確認できるので、今後の計画が立てやすくなります。また、今までのオンライン学習と言えば、1人で黙々と進めるイメージが強かったかもしれませんが、ほかの受講者とコミュニケーションが取れるので、モチベーションアップにつながるでしょう。

教師側のメリット

教師側のメリットを3つ紹介します。

多くの時間がかかる、テストの採点や添削も自動で行ってくれるので、削減した時間を個別指導の時間に当てられます。また、受講者の学習の進捗状況や成績を把握できるので、1人1人に合わせた学習を行えるのもLMSのメリットです。

管理者側のメリット

管理者側の3つのメリットを紹介します。

まず、システムを最初から構築する必要がないので、コストの削減が図れます。また、受講者の登録や教材の割り当てが簡単に行えるほか、学習状況を一括で管理できるのでスムーズに学習や研修を進められるようになります。

LMSの活用に向けて

オンライン学習・研修を取り入れる教育機関や企業が増えるなか、LMSを活用することで、受講者だけでなく、指導者・管理者にとってもメリットが大きいです。どんな機能が利用できるか把握した上で、導入を検討してみましょう。

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選