授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » GIGAスクール端末の持ち帰りルールの決め方

GIGAスクール端末の持ち帰りルールの決め方

GIGAスクール端末は、学校内だけでなく家庭でも活用することができます。しかし教師の目の届かない場所での端末利用は、時にはトラブルを招く可能性もあるでしょう。そんなことにならないよう、家庭に端末を持ち込む前に児童生徒と保護者への「家庭で利用する際のルール」と理解&協力が必要不可欠です。こちらでは各家庭への持ち帰りルールをどのように決めていけばよいかについて紹介していきます。

各家庭にICT端末を配布する目的

家庭でICT端末を活用するには、児童・生徒が端末を家庭に持ち帰る前に学校側から各家庭へ理解を求める必要があります。学習の方向性と目的を提示し、家庭で利用する上でのクリアなルールを保護者と共有することで、より円滑な持ち帰りの流れができます。

準備するもの

家庭でICT端末を活用するにあたり、学校側はまず「保護者へ向けた便り」を用意してください。端末の情報セキュリティ・モラルの確保やICT端末を配布することで学習の幅がどのように広がるのか、長時間使用による健康への影響など保護者に理解してもらう必要があります。

また各家庭のWiFi環境を把握しておく必要もあります。

文部科学省では「端末利用に当たっての児童生徒の健康への配慮等に関する啓発リーフレット※」を作成しています。この資料をベースにして学校側のルールを入れても良いでしょう。

進め方

学校と比べて家庭では時間制約がないぶん、ICT端末の使い方をより意識する必要があります。

家庭に教育ICT端末を持ち帰る前に、学校で児童生徒と一緒になって家庭でのICT端末の使い方を考える時間を確保しましょう。児童生徒とともに問題点を一緒に考えることで、端末を正しく利用するという意識を高めることができます。

生徒・各家庭にルールを理解してもらうポイント

「保護者への便り」と「利用するルール」を提示するだけで、教育ICT端末の持ち帰りを保護者に理解してもらえるかは不透明です。

こちらでは教育ICTの端末を持ち帰り、家庭で安全に適切に利用してもらうルールをしっかり理解してもらうための3つのポイントを紹介します。

段階的に持ち帰り保護者の理解度を高める

ICT端末を持ち帰る家庭学習に抵抗を感じる保護者もいるかもしれません。本格的に持ち帰りを始める前に段階を踏んで理解を高めてもらいましょう。

まずは1日だけ持ち帰り、家庭で使ってみた感想や課題、問題点を生徒や家族にフィードバックしてもらいます。学校側はその課題・問題点からルールを変更したり、保護者の不安点を改善したり見直しを実施。次のステップでは2日間持ち帰りや週末持ち帰りを行い、その都度フィードバックを挙げてもらいます。

回数を重ねることでルールの改善も進み、保護者の不明点や不安点は解消されていきます。そのうえで持ち帰りの期間を少しずつ長くして本格的な持ち帰り学習へコマを進めてください。

方針とルールはセットで提示する

児童生徒にICT端末利用のルールを守ってもらうためには、学校側の方針をきちんと理解してもらう必要があります。

例えば児童生徒がICT端末を家庭で使用する際、不適切なサイトに偶然アクセスしてしまうというケースも生じる可能性があります。その際、保護者はすぐに端末を切ったりそのサイトを閉じるという行動を起こしがちですが、実際に子供達はそのサイトがどうして不適切なのか、どうして閲覧が禁止されているのかを理解していないかもしれません。

子供達に「不適切なサイトにはアクセスしないこと!」というルールを突きつける前に、教育ICT端末は学習のために使うデバイスであることを説明して理解してもらうことが大切です。そのうえで、子供たち自身が「自分がアクセスしたサイトは学習のためには不要なものであった」と判断できるよう促しましょう。

ルールは互いの信頼関係の上に成り立つ

児童生徒と保護者・教師の間に信頼関係を築くことは、ルールを守ることにもつながります。保護者や教師から「見守ってくれている」と感じる子供ほど自分の行動を省みることが多くなり、規則やルールから外れることに躊躇するものです。

教師であれば授業中や学校生活の中で、保護者の場合は家庭での日常生活で子供とよい関係を築き信頼できる関係を作っていくことが大切です。

「持ち帰りの手引き」に記載する項目

こちらでは、文部科学省やICT教育を取り入れている先進学校が提示している「持ち帰りの手引き」を参考にして、生徒と各家庭へ配布するルール要項に記載すべき項目を紹介します。これからGIGAスクール構想を取り入れる予定の方はぜひ参考にしてください。

目的

学校から貸し出す端末は、家庭で学習活動を行うためのツールとして活用する旨を記載しましょう。また学校やクラスが一時的に閉鎖した時などリモート学習や、児童生徒と教員との連絡ツールとしても活用できることを伝えます。

貸し出し機器

児童生徒に貸し出されるGIGA端末と持ち帰れるアクセサリ(充電用ケーブルやアダプタ)について記します。あらかじめタブレットにインストールしているアプリ情報を記載してもいいでしょう。

貸し出し期間

「令和○年○月○日~卒業時(または転出)まで」と返却時期についても知らせてください。あくまでもGIGA端末は学校から貸与されていることを印象付けることができます。

禁止事項

GIGA端末を家庭で利用する際の禁止事項を明記します。教師の指示に従ったアプリのみを利用すること、壊したり紛失しないよう大切に扱うことなどを具体的に禁止事項へ盛り込みましょう。

健康に配慮した使い方について

家庭で端末を使う場合、学校の授業と異なり時間の感覚が不透明になりがちです。目や姿勢など児童生徒の健康に配慮した正しい使い方を提示してください。端末スクリーンとの距離や休憩タイムについて、就寝前の使用は控えること、部屋の明るさなど明確に指示するとわかりやすいです。

個人情報・情報モラルについて

情報社会の現代、個人情報や情報モラルを子供の時から身に付けることは大切です。自分や他人の名前・住所・携帯番号・アカウントなどの個人情報をネット上に上げてない、自分の端末を他人に貸し出さない、他の人の作品や顔写真などを勝手にネットに上げてはいけない、など「情報」の扱いをしっかりと理解してもらいましょう。

保護者への注意喚起

GIGA端末を家庭で利用する場合、インターネットに接続するシーンが多くなります。その場合の通信料や端末への充電する電気代は家庭の負担になる旨を伝えて協力を依頼してください。

また貸し出しているGIGA端末を紛失・破損させてしまった場合や、家庭で端末を利用している間に情報漏えいなどが発生して損害が生じた場合の保護者への負担をあらかじめ明記しておく必要があります。

家庭のネットワーク接続手順

貸与したGIGA端末を初めてインターネットへつなぐ際、保護者や生徒が困らないように画像とともに説明手順があると親切です。

故障時の対応方法

GIGA端末は機械ですから使っているうちに不具合や故障が起こることがあります。家庭で利用している最中に故障などが生じたときに慌てず対処できるよう「故障時の対応方法」を明記しておきましょう。

使用の制限について(貸与を中止する場合のルール)

GIGA端末の「持ち帰りの手引き」に記載するルールが守れていないために何らかの不都合が生じた場合や、学校側の事情などによりやむを得なく端末の貸し出しを停止することがある旨を記載しておきましょう。

以上10項目をピックアップしましたが、GIGAスクール導入直後はさまざまな質問を保護者や生徒から寄せられる可能性があります。そのため「よくある質問Q&A」を添付するとさらに理解しやすくなるでしょう。利用する側に寄り添うわかりやすいルール作りと説明が大切です。

参考元:文部科学省「自治体の事例紹介」(https://www.mext.go.jp/studxstyle/special/2.html)

授業支援システムの導入は「持ち帰り」にも役に立つ!

2019年に文部科学省が発表したGIGAスクール構想は、モデルケースからスタートして着々と教育現場に広がっています。GIGAスクールシステムを初期段階からスタートした教育機関は、学校内の授業だけでなく端末を家庭へ持ち帰る家庭学習に活用している学校もあり、家庭と学校との連絡ツールとして役に立っています。

本格的に「持ち帰り」を始めるためには、保護者の理解と協力が必要不可欠です。安全に安心して端末を活用してもらえるよう、慎重にルールを決めて児童生徒と保護者に協力を求めてください。

小学校・中学校の
授業でおすすめ!
授業支援システム・
ソフト5選

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選