授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » アクティブラーニングの
取り入れ方のコツ

アクティブラーニングの
取り入れ方のコツ

アクティブラーニングの特徴、実践方法、授業支援システムを使った取り入れ方のコツなど、お伝えしています。

次世代の学習法・アクティブラーニングとは

アクティブラーニングとは、文部科学省が推奨する次世代の学習法である「主体的・対話的で深い学び」のことです。現在の学校教育は、知識を詰め込むことが中心であるため、現代社会で役立つ「適応力」「応用力」「問題解決能力」「表現力」を育む新たな教育法として、アクティブラーニングは、小学校~大学で導入され始めています。

アクティブラーニングでは、主に次の3つの学びを実践します。

1.主体的な学び

子供たちが興味や関心を持って、自ら行う学び。自分で調べて学習を進め、計画性を持ってねばり強く取り組み、活動を振り返って次につなげます。

2.対話的な学び

子供同士の協同、教師や地域の人との対話など、コミュニケーションを取ることで、協調性や自分にない価値観を学ぶ。そこから、知識や思考を広げます。

3.深い学び

何をどのように学ぶか学習プロセスから重視し、学びの質や深まりを高める。教科ごとの考え方を通して、思考・判断・表現を行い、深い理解につなげます。

おすすめの授業支援システム・ソフトはこちら>>

アクティブラーニングの基本の実践方法

「主体的・対話的で深い学び」の基本の実践方法として挙げられるのが、グループワーク、ディスカッション、フィールドワークなど。教科ごとに分けると、次のような導入例が考えられます。

教科によって実践できることは変わってきますが、こうした変化を持たせることで生徒の興味や学習意欲を高めることにつながります。

授業への取り入れ方のコツ

アクティブラーニングの実践には、従来の教育に加えて新たな学習法を導入する時間を捻出しなければなりません。この問題を解決するためにも、便利に活用できるのが授業支援システムです。

下記に授業支援システムを使った、アクティブラーニングの授業への取り入れ方のコツをいくつかご紹介します。

板書の時間をなくす

あらかじめ作成した資料を生徒機に送付することで、板書の時間をなくします。その分、意見共有や、思考力・表現力の育成に力を注ぐことができ、授業の最後に振り返りを行わせる時間も確保しやすくなるでしょう。

テキストの説明を省く

あらかじめ資料を配布し、自宅で読んでおくことを宿題にすれば、授業開始と同時にディスカッションをするなど、効率的な授業が行えます。資料に画像や動画を活用するのも、説明時間の短縮に。

画面共有を活用する

画面共有機能があれば、生徒の回答をリアルタイムで一覧表示できます。みんなに見られるプレッシャーや、コメントをもらえる喜びから、自主的に学ぶようになる生徒が多数。仲間の回答を見ながらディスカッションをするなど、幅広い活用ができます。

グループワークに活用する

ひとつの作品を複数生徒で同時編集することもできるので、グループワークの幅が広がります。授業外で調べ物や作業をした際も、システム内のグループチャットを利用させれば、学習プロセスを可視化することが可能。教師が生徒の思考や判断を知り、より深い学びの指導・評価が行えます。

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選