授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » 授業支援システム・ソフト一覧 » スクールタクト

スクールタクト

スクールタクトは、授業支援クラウドです。クラウドサービスなので、OS関係なく利用できます。ここでは、スクールタクトの口コミ評判と、特徴についてまとめています。

スクールタクトの口コミ評判

先生の口コミ:スクールタクトを
導入した結果、板書の時間を
削減できた

授業で使用するスライドをスクールタクトで生徒に配布し、そこに直接書き込んでもらう方式に変えたところ、板書時間を6割以上削減することができました

これにより、生徒同士の意見の共有やグループワーク、プレゼンテーションなどを実施する時間を捻出できました。どのような使い方をすると最も効果が高いのかという検証はもちろん必要ですが、板書やプリント以外の選択肢が生まれてきたのはとてもありがたいことだと思っています。

参照元:スクールタクト 公式(https://schooltakt.com/case/33731/)

先生の口コミ:ペーパーレスを
実現!課題配布も簡単に
できるようになった

本校は生徒数が多く、私が担当している英会話クラスは15クラスあります。英会話にはテキストがないためプリントを作っており、以前はそれを印刷するだけでも大変でした。

それが、スクールタクトで課題を作成し一括配布できるようになったので非常に楽です。忙しい時は授業5分前まで準備していても、教室に入ってピッと送れるんです。授業中に参考資料を配信することもあります。

参照元:スクールタクト 公式(https://schooltakt.com/case/32727/)

生徒の口コミ:友達と意見交換が
しやすいです

字が書きやすいし、相手の言いたいことなどがすぐに見られる。あと、相手と共感しやすい

コメントで「確かにここはこうだよね」や「こういう考えもあっていいね」というコメントで共感できると思いました。あと、コロナで近くに行って話ができないけど、共同閲覧で近くに行かなくても意見を聞くことができます。

参照元:スクールタクト 公式(https://schooltakt.com/case/31960/)
先生・教育現場の課題・悩みを解決!
理想の授業スタイルを叶えてくれる、授業支援システムとは?

オンライン授業の実施、新学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」のある授業。日々状況が変化する中、授業の進めづらさを感じている先生、GIGAスクールを導入したものの活かしきれていないとお悩みの教育現場の方も多いのではないでしょうか。 当サイトでは、GIGAスクール構想で整ったICT環境を活用するために、おすすめの授業支援ソフトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

小学校・中学校の
授業でおすすめ!
授業支援システム・
ソフトの便利機能を
ピックアップ

スクールタクトの特徴

スクールタクト
引用元HP:スクールタクト 公式
https://schooltakt.com/

スクールタクトは、生徒同士がコミュニケーションを取りやすい授業支援サービスです。チャット機能やいいね機能など、ある程度生徒に裁量を持たせて使用させたい場合に重宝します。また、サーバーの導入費・維持費がかからないため、コストを抑えられるメリットが得られます。

スクールタクトの
おすすめ機能

引用元:スクールタクト公式HP
https://schooltakt.com/

ルーブリックの自己評価で授業の振り返りができる

スクールタクトには、ルーブリック機能が搭載されています。先生から生徒に対して予め授業の評価基準を提示することで、生徒が到達すべきゴールが明確になります。

授業後に生徒に自己評価をさせると学習の振り返りを行えるのが便利で、先生が生徒を評価する際の参考にもなります。また、授業中は進捗確認のために生徒の回答一覧が教師側で見られるほか、学年・クラス全体にも回答を表示させられます。生徒同士で分からない部分を補うのに役立つでしょう。

発言マップでクラス内の
関係図を把握できる

スクールタクトには、発言マップの機能があり、生徒ごとのコメント数・いいね数・閲覧数を分析できます。

どの生徒が誰に対してコメントを付けていて、どの生徒にいいねを付けられているかなど、クラスの関係図を知ることが可能です。授業への参加度や人間関係で注意しておくべきポイントなどが見えてきます。

ポートフォリオ機能で
成績評価が楽に付けられる

スクールタクトではポートフォリオの機能で、生徒別の課題・ルーブリック・提出実績を時系列順にチェックできます。

教師側が該当の課題・授業を削除するまで履歴に表示され続けるため、生徒の課題を振り返って成績評価を付ける際に役立つでしょう。教師の負担軽減を目指す学校は、簡単に評価を付けられるシステムを導入するのも一つの手です。

授業チャット機能で離れていても
意見の交換がしやすい

スクールタクトの授業チャット機能は、休校や不登校児童の対策時にあると便利な機能です。オンラインで一斉にコミュニケーションを図れるため、質問や感想といった意見交換を簡単にできるようになります

また、授業に集中して欲しい時は先生だけがコメントできるロック機能もあるため、集中させられます。課題のテンプレートが6,000種類以上インプットされているので色々な授業に導入しやすく、学外でも利用しやすいです。

スクールタクトの価格

スクールタクトの
サポート体制

スクールタクトでは、Q&A・問い合わせフォームにて導入後のサポートを行っています。平日10~18時までの間であれば、不具合や操作方法について問い合わせることが可能です。土日や長期休暇、年末年始などは返答が遅くなるケースもありますが、授業がある日の対応に困る心配はないでしょう。

スクールタクトの動作環境

スクールタクトを
販売している
コードタクト

スクールタクトを提供している株式会社コードタクトは、2015年に設立された会社です。これまでスクールタクトが、1,500校以上に導入された実績を持っています。(2021年9月調査時点)YouTubeチャンネルで製品情報や操作方法が公開されているので、導入時の検討材料になるでしょう

会社名 株式会社コードタクト
所在地 東京都渋谷区円山町28-4
大場ビルA館2階b室
TEL 03-4446-5014
HP https://schooltakt.com/

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選