授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » GIGAスクール構想における問題点

GIGAスクール構想における問題点

文部科学省が提唱するGIGAスクール構想により、教育現場で急速に広がるICT環境の整備。折からのコロナ禍にともなうリモート授業増加の影響も相まって、1人1台の学習者用端末の導入が進んでいますが、それに伴い、問題点や課題、デメリットなども浮き彫りとなってきました。それらを詳しく見ていきましょう。

GIGAスクール構想とは

まずはGIGAスクール構想について、おさらいしておきましょう。簡単に言えば、昨今のIT化、デジタル化促進の流れを受け、義務教育の場でも児童または生徒に一人一台のデジタル端末と通信ネットワークを整備する計画になります。名称は“Global and Innovation Gateway for All”の頭文字が由来。

GIGAスクール構想の現状

2018年に発表された環境整備5か年計画に基づき2023年の実現を目指したGIGAスクール構想は、図らずもコロナ禍に伴うオンライン授業のニーズ増大により、計画が大きく前倒しされるカタチとなりました。

ICT端末の準備状況は令和3年3月末時点において、全自治体等のうち 1,769自治体等(97.6 %) が令和2年度内に納品完了見込と発表されています。


引用元:GIGAスクール構想の最新の状況について 令和3年3月19日│文部科学省

インターネット環境構築の状況に関しても、校内ネットワーク環境の整備に取り組んでいる32,228校のうち、86.2%の学校が令和2年度内に、97.9%の学校はほぼ新学期から供用開始となっていると発表されています。


引用元:GIGAスクール構想の最新の状況について 令和3年3月19日│文部科学省

GIGAスクール構想の問題点とは

上記の通り、ICT端末の調達やインターネット環境の整備に関しては順調に進んでいると言えます。その上で、実際の運用を進めるにつれ、様々な問題が浮き彫りになってきました。具体的に、いくつかご紹介していきましょう。

セキュリティ

ある意味当然ですが、教育現場にインターネット環境を導入するということは、不正アクセスや成りすましなどに対するセキュリティ対策が不可欠となりますが、実際の教育現場では対応が追い付いていないというケースもまだまだ多いとのこと。「本人確認の強化」と「デバイスの健全性の確認」が重要とされており、早急な対応が求められています。

教員のリスキリング

それこそ日本の教育現場は、一部例外はあるものの、アナログ方式を長きに渡って続けてきました。そうした状況が180°反転し、急速にデジタル化が進むなか、現場の教員がその状況に追随できていないという事態も起きています。パソコン操作が不得手というのはもとより、ITリテラシーの低さがなによりの課題となっています。ワークショップや説明会への参加など、ITリテラシーを学ぶことが求められています。

システムやソフトの管理

「1人1台端末」をモットーとするGIGAスクールにおいては、用いられている機器類が統一化されていないというのも、現場の戸惑いや混乱を生じる原因と指摘されています。端末のOSもChrome、Windows、iOSの3種類。タブレットの場合もあればパソコンの場合もあり、さらに学習用のソフトも様々なものが用意されています。これらの違いや使用方法をマスターし、管理運用する手間や負担も問題視されています。

端末の管理

子どもに支給された端末を、学校や親が管理しなければならないという負担も新たに生じています。破損や紛失などが起きた場合にどうするかというのも頭の悩ませどころです。また端末のOS更新などをどうするかという点も今後の課題となっています。

子どもの健康への影響

タブレットやパソコンなどを長時間使用することになるため、子どもの視力や聴力、姿勢の悪化、睡眠の質や量の低下、また端末を登下校時に持ち運ぶことでの身体的負担の増大といったことが懸念として示されています。

GIGAスクール構想は、試行錯誤の真っ最中

以上の通り、GIGAスクール構想は急速に進展しているものの、一大過渡期ゆえに、様々な問題や課題にも直面しています。それゆえ、どんな問題が起きているのかを正確に把握した上で、どのように対応、改善していくかという視点が重要となります。

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選