授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育

コラム|GIGA
スクール導入で変わる、
これからのICT教育

ICT教育を導入する際のお役立ち知識や、おすすめアプリ、遠隔授業のやり方など、紹介しています。

おすすめの授業支援システム・ソフトはこちら>>

ICT教育の導入に
役立つコラムまとめ

近年の急速なIT化に伴い、今、学校教育にも新たな学習法が続々と導入されています。一人一台タブレットの活用をはじめ、現代社会に必要なスキルを育むためのアクティブラーニング、遠隔で授業を行うオンライン授業など。

ここでは、ICT教育を行う上で知っておきたい知識をまとめました。

GIGAスクールに
便利なアプリ一覧

一人一台タブレットの活用に必要不可欠なのが、授業をサポートする様々なアプリケーション。生徒のいたずら防止(機能制限)、授業支援、ドリルなど、目的別に人気アプリをご紹介。

GIGAスクールに
便利なアプリの
一覧を詳しく見る

アクティブラーニングの
取り入れ方のコツ

アクティブラーニングとは、文部科学省が推奨する「主体的・対話的で深い学び」のこと。授業で意識したい3つの柱や、ICTを活用した授業への取り入れ方のコツを見ていきましょう。

アクティブラーニングの
実践のコツを
詳しく見る

子どものプログラミング学習におすすめのアプリ

2020年度から小学校で必須となったのが、プログラミング学習です。パソコンになじみのない子供たちが、楽しみながら学べる人気アプリ4選をご紹介。

子供におすすめな
プログラミングアプリを
詳しく見る

一人一台端末、どんなふうに
活用すればいい?

一人一台タブレットは実際どのように活用されているのか、教科別に活用事例をリサーチしました。使用ソフト、ICT活用の狙い、授業のやり方などぜひ参考にしてみて下さい。

一人一台端末の
活用事例を
詳しく見る

BYODのリスクは?
メリット・デメリットを調査

学校によっては、支給した端末ではなく生徒に自分の端末を使わせる「BYOD」を導入するところもあります。どうしてBYODが選ばれるのか、メリット、デメリット、導入事例を見ていきましょう。

BYODのリスクや
メリット・
デメリット
を詳しく見る

遠隔授業のやり方&
おすすめツール

生徒が自宅にいながらでも授業が受けられる遠隔授業(オンライン授業)。録画形式、LIVE形式、それぞれのやり方や、無料で使える定番ツールをご紹介。

遠隔授業のやり方や
おすすめツールを詳しく見る

無料の学習支援ソフト・
授業支援ソフトを紹介

無料の授業支援ソフトは本当に使えるのか、人気アプリ「Clica」の特徴をリサーチ。休校中や自宅学習に利用できる、各企業が行う無料の学習支援サービスもお教えします。

無料の学習支援
ソフトの特徴や
サービスについて詳しく見る

オンライン授業の問題点とは?デメリットをカバーする方法

子どもが集中しにくい、コミュニケーションが取りづらいなど、オンライン授業にはまだまだ問題点も。デメリットをカバーするにはどんな授業をすれば良いのか、解決策をまとめました。

オンライン授業の
問題点や
カバーする方法を
詳しく見る

EdTech導入補助金

教育とテクノロジーを組み合わせた造語であるEdTech。教育イノベーションを普及する目的でEdTechツールの導入を行おうとする学校を支援する補助金があります。補助金の特徴や対象となる方、申請方法を解説しました。

EdTech導入補助金を
詳しく見る

IT導入補助金の種類と学校法人での活用方法

学校法人が学校や事業にITを取り入れたいと考えた際に役立つIT導入補助金。デジタル機器の購入だけではなく、レンタルに活用できると特別枠も用意されています。学校法人がどのように補助金を活用できるのか紹介します。

IT導入補助金の種類と
学校法人での活用方法を
詳しく見る

Google for Educationの活用事例

これまで以上に効率良く、理解も深まるような事業を行いたいと考えた時に活用できるGoogle for Education。小学校、中学校、高等学校のそれぞれの授業でGoogle for Educationがどのように活用されているのか紹介します。

Google for Educationの
活用方法を
詳しく見る

日本と海外のICT教育の現状

日本と海外のICT教育の現状についてまとめました。日本は諸外国に対してICT教育は遅れているのか、諸外国のICT教育の取り入れ方、海外のICT教育の効果、日本で行われた実証などをまとめました。

日本と海外のICT教育の現状を
詳しく見る

不登校児童の助けになるICT教育

不登校児童に対し、どのような形でICT教育が役立って行くのかについて紹介します。ICTを取り入れることによって期待できる効果や、実際に活用している事例、日本ICTを活用した自宅学習は出席扱いになるのかなどについてまとめました。

不登校児童の助けになる

ICT教育を詳しく見る

出身地などで生まれるGIGAスクール格差

GIGAスクール構想は子どもたち1人1人が取り残されないことを目標とした取り組みですが、先進県・先進自治体とそうでない自治体との格差があるのが現状です。GIGAスクール格差が起きる原因やその内容について紹介します。

出身地などで生まれる

GIGAスクール格差を詳しく見る

GIGAスクール構想「自治体ピッチ」とは?

GIGAスクール構想における、1人1台の端末整備に関し「自治体ピッチ」が開催されました。このイベントでは、各ベンダーが2種類のパッケージを紹介。1つは補助対象額である1台45,000円の範囲内となる「基本パッケージ」。もうひとつは実績のあるアプリケーションなどを加えた「応用パッケージ」です。

GIGAスクール構想

「自治体ピッチ」とは?を詳しく見る

GIGAスクールのトレンド AR地球儀「Shifu Orboot」とは

Shifu Orbooは、米国のスタンフォード大学とインド工科大学の卒業生が創ったAR地球儀。タブレットやスマホで地球儀をかざして世界中の動物や文化、料理、発明、地図、文化的建造物を3D画像で映し出す知育玩具です。子どもたちが遊びながらさまざまな知識を学びます。

GIGAスクールのトレンド
AR地球儀「Shifu Orboot」とは?
を詳しく見る

GIGAスクール端末の持ち帰りルールの決め方

GIGAスクール端末の活用は、学校の授業だけでなく家庭での学習ツールとしても役立ちます。ICT端末を安全に安心して家庭で利用するためにも、端末の持ち帰りをスタートする前に児童生徒と保護者へ「家庭で利用する際のルール」を提示し理解と協力を得ることが大切です。こちらでは各家庭への持ち帰りルールを決めるポイントをまとめています。

GIGAスクール端末の
持ち帰りルールの決め方
を詳しく見る

GIGAスクール構想における問題点

学校現場におけるICT端末の調達やインターネット環境の整備などは進んでいる反面、急速な変化に対応しきれていないという問題も浮き彫りとなっています。具体的にどのような問題や課題に直面しているのか、取りまとめてご紹介しています。

GIGAスクール構想における問題点
について詳しく見る

LMSとは

LMSはパソコンやスマートフォンで学習するeラーニングのベースとなるシステムで、学習教材の配信や受講状況、成績などを統合して管理できる機能を搭載しています。詳しい機能やメリットを見ていきましょう。

LMSとは
について詳しく見る

GIGAスクール構想向きの端末・OSとは

文部科学省では、GIGAスクール構想向きとされる端末とOSに「Microsoft社」「Google社」「Apple社」の端末と、それぞれが提供するOSを推奨しています。こちらでは、それら3社の推奨モデルの標準仕様や特徴をまとめています。

GIGAスクール構想向きの端末・OS
について詳しく見る

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選