授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » 授業支援システム・ソフト一覧 » Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chrome

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chrome

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeは、ChromeOSに対応した授業支援サービスです。ここでは、Win Bird(ウィンバード)授業支援for Chromeについての口コミ評判と特徴を紹介しています。

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeの口コミ評判

先生の口コミ:巡視機能が便利

現在、4つの教室、パソコン160台で利用しています。よく使うのは、巡視機能です。講義の内容によっては学生の裁量に任せる場面も多いので、学生の利用状況がよく分かる巡視は欠かせない機能です。

参照元:ウィンバード 公式(http://www.winbird-gp.co.jp/case/case04.html)

先生の口コミ:パソコンが苦手な先生も問題なく使えている

個人的にですが、よく使うのは、画面巡視、画面発表、起動指示。運用を始めて一ヶ月くらい経ちますが、全体を通していいですね!学校にはパソコンが苦手な先生もいらっしゃいますが、ウィンバードは使いやすいと言っています。授業の中で目立って運用上困るなという大きな問題点は出ておりません。

参照元:ウィンバード 公式(http://www.winbird-gp.co.jp/case/case06.html)

先生の口コミ:理科や総合学習で役に立った

授業支援で一番よく使うのは、巡視機能です。先生パソコンから、生徒パソコンの状況が良く分かるので大変便利です。画面転送も活用頻度の高い機能です。私は、前年度まで理科を担当していましたが、理科では、生徒へ実際の写真などを見せて説明する場面がとても多いのです。このようなビジュアル教材を生徒へ見せるときに、画面転送を活用していました。

引用元:ウィンバード 公式(http://www.winbird-gp.co.jp/case/case03.html)

(※授業支援の口コミ評判になります)

先生・教育現場の課題・悩みを解決!
理想の授業スタイルを叶えてくれる、授業支援システムとは?

オンライン授業の実施、新学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」のある授業。日々状況が変化する中、授業の進めづらさを感じている先生、GIGAスクールを導入したものの活かしきれていないとお悩みの教育現場の方も多いのではないでしょうか。 当サイトでは、GIGAスクール構想で整ったICT環境を活用するために、おすすめの授業支援ソフトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

小学校・中学校の
授業でおすすめ!
授業支援システム・
ソフト5選

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeの特徴

ウィンバード授業支援 for Chrome
引用元HP:ウィンバード 公式
https://www.winbird-gp.co.jp/product-win.html

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeは、ネットワークに繋がっているPC(Chromebook・Windows:Chromeブラウザ)を管理できる支援サービスです。先進校では既に、授業では理解度に合わせた個別学習、家庭学習では要点を抑えたビデオ学習といった風に、従来までの授業スタイルと逆転しているところもあります。同システムの力を借りると、授業で役立つアプリケーションの一斉起動の機能や家庭学習時の巡視やロック等も活用でき便利です。

また、Microsoft Edgeでも利用できる「Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Edge」もあります。

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeのおすすめ機能

引用元:ウィンバード株式会社
(https://www.winbird-gp.co.jp/product/learning-support/)

どんな時も生徒の画面を確認できる

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeでは、生徒の画面を一覧表示できます。授業中に遊ぶ生徒も出てくるため、一覧表示で巡視できる機能があると管理が楽になります。

生徒画面のロック・解除

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeでは、ロック機能を搭載しています。授業中に教師が説明している時以外に、休憩時間にもロックをかけられます。先進校では、生徒の様子や使用用途を窺いながら、休憩時間のロックを解除するかどうか判断しているところもあります。生徒の使用時間をしっかりと管理する必要があれば、「授業時間のみの使用」「休憩時間の使用も許可する」など、状況に応じた判断ができます。

画面表示・画面共有で意見交換もスムーズ

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeには、教師のパソコンの画面を生徒へ転送したり、任意の生徒画面を、他の生徒機へ送ることができたりと授業に役立つ機能が満載です。特に、任意の生徒間で画面を有する機能は、グループディスカッションする時に重宝します。他の生徒の回答に対して、評価・改善案を意見するのが容易になります。また、意見を出し合うために教科書を読む機会が増えるので、授業への理解が深まるでしょう。

URL転送で、WEBサイトの共有・教材コンテンツの配布も楽々

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeは、教師が共有したいURLを生徒に転送できます。WEBサイトや動画の共有だけでなく、教材の配布も楽になります。生徒が指示に従わない、あるいは操作が分からない場合でも授業が滞る心配がありません。

ブラウザ夜間利用制限

ブラウザを利用する時間を制限し、夜間はインターネットを使用できないように設定できる機能です(Chromeのみ)。

PCやタブレットを家に持ち帰った後、夜遅くまで使っている生徒が多いことにより家庭から学校にクレームが入るケースもありますが、こちらの機能を使用することで利用時間の制限が行えます。

また、フィルタリング機能を使うことにより目が行き届かないところでも子どもを守れるため、家庭での端末利用による懸念材料を減らすことにもつながります。

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeの価格

詳細はウィンバード株式会社までお問い合わせください。

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeのサポート体制

ウィンバードでは、各学校の要望に合わせて、インストラクターによる講習会を開催しています。操作法・授業での活用法を分かりやすく説明してくれます。また、サポートセンターが設置されているため、パソコンに苦手意識を持つ人でも、困った時に直ぐに相談できるので安心です。動画マニュアルも完備しています。

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeの動作環境

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Edgeの動作環境

Win Bird(ウィンバード)授業支援 for Chromeを販売している
ウィンバード

ウィンバードは、小学校・中学校・高校・大学をはじめとする学校向けの授業支援ソフトウェア・校務支援ソフトウェアを手掛ける1991年創業の会社です。他にも、ビジネス向けの監視システムなどを開発しています。また、同社では、ChromeOS以外にも、WindowsPCやiPadで利用できる授業支援ソフトウェアを提供しています。豊富なラインナップで、利用シーンに合わせたソフトウェアを導入できるのが魅力です。

会社名 ウィンバード株式会社
所在地 静岡県湖西市
新居町中之郷3994番地
TEL 053-595-1255
HP https://www.winbird-gp.co.jp/

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選