授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » 授業支援システムとは? » 授業支援システムの導入率について

授業支援システムの導入率について

本記事では、授業支援システムの導入率について解説します。導入を検討されているなら、全国での導入率や導入に際する問題も考慮したうえで判断してください。

授業支援システムの導入率はどのくらい?

85%の教育委員会で学習e-ポータル導入

各自治体に対して行われた調査の結果によると、85%もの教育委員会で学習e-ポータルが導入されているとのことです。実際に導入しているのは79%でしたが、実証用として導入している6%の自治体を合わせると大多数がすでに導入済みとの結果となりました。

参照元:こどもとIT(https://edu.watch.impress.co.jp/docs/news/1511314.html)

学習e-ポータル導入自治体ではオンライン授業支援ツールの導入も

学習e-ポータルを導入済みと答えた自治体のうち、オンライン授業支援ツールの導入状況について質問したところ、76%が導入しているという結果でした。つまり調査対象となった自治体のうち、約65%が「オンライン授業支援システムを導入している」ということです。

参照元:こどもとIT(https://edu.watch.impress.co.jp/docs/news/1511314.html)

授業支援システムの導入率が上がらない理由

各自治体で有効性・必要性の認識が異なる

授業支援システムは学習e-ポータルの導入率に比べると、低いと言わざるおえません。授業支援システムの導入率が上がらない理由として、まず、各自治体で有効性や必要性の認識が異なっていることがあげられます。「必要と感じない」と考える自治体が存在していることが問題です。

ICT活用によって学習の質が変わる可能性は否定できません。自治体により認識が異なると、その地で学習する子どもたちに差が生じてしまうこともあるでしょう。

授業支援システムへの対応が難しい

自治体ごとの認識の差だけではなく、授業支援システムへの対応が難しいことも要因のひとつだと考えられます。システムを導入するにはまず、指導する側である教師がICTを取り入れた授業に慣れなければなりません。しかしそのための時間を確保できないこと、無線LANの整備が遅れていることなど、環境的な要因もあげられます。

また学校でICT環境を取り入れるための予算を確保できないという問題もあるかもしれません。無線LANはもちろんのこと、電子黒板や校務用コンピュータ、生徒用のコンピュータやタブレットの導入費用を捻出できない地方財政である自治体も存在します。

授業支援システムの導入率について把握しておこう

学校でのICT導入は進んでおり、学習e-ポータルの導入率も高まってきました。しかしオンライン授業支援システムも導入している教育機関はそれほど多くありません。

授業支援システムの導入がされているかどうかで子どもたちの学習に差が現れる可能性もあるため、 積極的に導入していきたいところですが、導入が進まないのにはさまざまな理由があります。

授業支援システムの導入を検討しているなら、全国での導入率についても把握しておきましょう。当サイトでは叶えたい授業スタイルに応じた授業支援システムを紹介しています。ICTを用いてどのように授業を進めていきたいか検討した上で、こちらを参考にして適した授業支援システムを選んでください。

叶えたい授業システムについて詳しく見る

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選