授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » 授業支援システムとは? » 授業支援システム導入における視力低下と対策について

授業支援システム導入における視力低下と対策について

本記事では、授業支援システム導入によって視力が低下する可能性や、視力低下対策などを紹介します。

授業支援システム導入で視力低下する?

授業支援システム導入により、視力が低下する可能性があると言われています。視力低下につながる主な原因は以下の2つです。

近視が進む

近視とは、正常な状態と比較して眼球が前後方向に長くなり、網膜より前で光線のピントを合わせる状態です。近くははっきり見えるものの、遠くはぼやけてしまいます。
近視は遺伝と環境の両方が関係して起こるとされており、近いところを見る作業が増えるのも近視を引き起こす理由の一つです。

参照元:公益社団法人 日本眼科医会(https://www.gankaikai.or.jp/health/57/index.html)

ピントの調節障害

タブレットによる学習を取り入れることにより、黒板を見るのと比較してすぐ近くのものを長時間見ることになります。すると、遠くよりも近くで目のピントを合わせるようになり、調節障害が進んでしまう可能性があります。

授業支援システム導入における視力低下対策

授業支援システムを導入する場合は、視力低下対策も行いましょう。以下のような方法があります。

タブレット画面は目から30cm以上離す

至近距離で画面を見てしまうと、それだけ近視やピントの調節障害につながりやすくなります。30cmほど目から離しましょう。
姿勢が前のめりになってしまうと画面と目が近づくので、姿勢を正して座るように指導することも大切です。椅子に深く腰かけ、背中をピンと伸ばして使用すると適度にタブレット画面と目が離れます。

適度に休憩を挟む

長時間画面を見続けると目への負担が大きくなります。できれば15分に1回程度、難しい場合も30分に1回は画面から目を離す休憩時間を設けましょう。
休憩時間中は画面から目を離すだけはなく、遠くを見るようにすると遠近のピントを調整に役立ちます。

近年は、外で遊ぶのではなく、室内でゲームなどをして過ごす子どもが増えました。これにより遠くを見る機会が減ってしまったのもピントの調節障害が起こる理由の一つといえます。休み時間は外に出て遊ぶのを促してみるのも良いでしょう。

明るい環境で使用する

暗い環境で明るい画面を見るのは目にとってよくありません。学習する環境は明るめにしましょう。
また、タブレットの明るさ調整を適切にするのも同時に行いたい対策です。

授業支援システム導入における視力低下対策について把握しておこう

授業支援システム導入で視力低下が起こる可能性を紹介しましたが、近くでものを見ることよって発生する問題なので、タブレットだけではなく紙でも同様のことがいえます。そのため、授業支援システムを導入した場合のみ視力低下のリスクが高まるわけではありません。

ですが、必要以上に近距離で使用するなどすれば影響が大きくなってしまう可能性もあるため、ご紹介した対策も一緒に取り入れるようにしてみてはいかがでしょうか。
以下のページではおすすめの授業支援システムを紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

叶えたい授業システムについて詳しく見る

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選