授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » ICT支援員とは

ICT支援員とは

近年、学校ではICTを利用した教育の情報化を進めており、そこで重要な役割を果たすのがICT支援員です。このページではICT支援員の役割や配置する際のポイントなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ICT支援員が対応してくれることは?

「ICT支援員」の役割は、学校における授業や校内研修に加えて環境整備の支援など、ICT活用の支援といったものが挙げられます。具体的な業務は下記のような内容となっています。

上記の通り、授業などで使うICT機器やソフトウェアの設定や操作方法の説明、またデジタル教材の作成に関わるといった役割があります。現状ではそれぞれの学校でICT環境の整備状況が異なっていることに加えて、教員の指導力も各自治体で異なるため、ICT支援員にはさまざまな役割が求められています。

ICT支援員はなぜ必要?

なぜ今ICT支援員が求められているかという点についてですが、現在子どもたちが学ぶ手段として期待されているのがICTの活用である、という背景があります。しかしICTを活用するためには、これらの機器の設置や操作の習得、ICTを活用した授業改善が必要です。

しかし、こういった業務が現場の教員の負担となるとともに、ICT機器を使用した指導に自信がない教員も多くいます。そこで、ICTを取り入れることによってかかる教員への負担を軽減するために求められているのがICT支援員の存在なのです。

ICT支援員を配置する際のポイント

では、優れたICT支援員を配置するためにはどうすれば良いのでしょうか。ポイントは、ICT支援員の育成を行うこと、そして「ICT支援員に求める業務、スキルを明確にすること」とされています。ここでは、ICT支援員に対する業務とスキルの明確化について見ていきましょう。

ICT支援員の業務の明確化

ICT支援員を配置する場合には、まず教員とICT支援員の業務を明確化・区別化することが重要になってきます。この部分をはっきりさせておかないと、ICT支援員と教員の間でうまく業務の分担ができなくなってしまうためです。

例えば教員の業務としては「学習指導」「学級経営」「生徒指導」「いじめや道徳対応の強化」などがありますが、対してICT支援員の業務例としては「ICT機器の準備や片付け」「校務支援システムの操作サポート」「障害トラブル時の切り分けや対応」「構内研修の準備」といったものが挙げられます。

ここでのポイントは、ICT支援員の業務は「指導に関連しない」という点が特徴であるといえるでしょう。

スキル標準を策定する

ICT支援員のスキル標準は、「スキルレベル1(基本)」「スキルレベル2(応用)」の2つに分けられます。

例えばスキルレベル1の場合は、「ICT機器を活用した授業案作成の支援が行える」「ICT機器の適切な準備と片付けができる」という内容になっています。

スキルレベル2の場合は「ICT機器を活用した授業案の作成について、他校や他自治体の先進的な事例を踏まえたアドバイスができる」「児童・生徒の発達段階に応じたICT機器の操作を支援できる」といった内容です。

どの程度のスキルがICT支援員に求められるのかは、どのような業務を担当するかによっても異なるため、前述したICT支援員の業務の明確化を行うことが大切になってきます。

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選