授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » 子どものプログラミング
学習におすすめのアプリ

子どものプログラミング
学習におすすめのアプリ

子供が楽しみながら学べるプログラミング学習のおすすめアプリを一覧にまとめました。

おすすめの授業支援システム・ソフトはこちら>>

2020年から必修化した
子供のプログラミング学習におすすめのアプリ4選

急速なIT化により、2020年度から必修となったのが小学校でのプログラミング学習です。パソコンになじみのない子供にプログラミングを学ばせるには、いかに興味を持ってもらえるか、どのアプリを選ぶかがポイントとも言えます。

下記に小学生のプログラミング学習のおすすめアプリをご紹介します。

ScratchJr
(スクラッチジュニア)

ScratchJr(スクラッチジュニア)
引用元HP:ScratchJr
https://www.fun-scratchjr.com/

アメリカのデジタルメディア研究機関「MIT」が開発した、プログラミングの定番アプリ。全世界150カ国以上で使われていて、小学校の教育にも導入されています。

使い方は、日本語で命令が書かれたブロックを指でタッチして組み合わせるだけ。キャラクターを歩かせる、などの命令を組み合わせてストーリーを作ったり、本格的なゲーム、アニメーションなども作ったりすることができます。UIがカラフルで見やすくひらがな表示にも対応しているので、小学校低学年から利用できます

Viscuit(ビスケット)

ScratchJr(スクラッチジュニア)
引用元HP:Viscuit
https://www.viscuit.com/

自分で描いた絵を使ってプログラミングをするアプリ。シンプルで操作がしやすく文字が読めない未就学児でも扱えるのが特徴です

プログラミング方法は独特で、メガネのレンズの片側に描いた絵を入れて、もう片側の絵をずらすことで動きを変えるというもの。絵が苦手な子でも、棒人間などで動かすことができて、工夫次第では複雑な絵本やゲームなどの大作を作ることもできます。

コードモンキー

ScratchJr(スクラッチジュニア)
引用元HP:コードモンキー
https://codemonkey.jp/

数多くのプログラミング教室や、国内の一部の小学校でも導入されている、プログラミング入門の人気アプリです。さるのモンタと一緒にバナナを手に入れる「コードの冒険」という、ストーリー仕立てになっているのが特徴。

どうやったら障害物を回避できるのか、途中にはさまざまなミッションがあり、思考しながら楽しんでプログラミングが学べます

マインクラフト Hour of Code

ScratchJr(スクラッチジュニア)
引用元HP:code.org
https://code.org/minecraft

人気ゲーム・マインクラフトのキャラクターや世界観の中で、プログラミングを学習することが可能。ビジュアルプログラミング言語を正しく組み合わせながら、ゲーム同様に1つずつステージを進めていきます

Hour of Codeにはディズニー版もあり、「アナと雪の女王」をモチーフにした子供向けのプログラミングアプリも人気です。

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選