授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » 遠隔授業のやり方&おすすめツール

遠隔授業のやり方&おすすめツール

遠隔授業(オンライン授業)について、録画形式、LIVE形式、それぞれのやり方や、おすすめツールをお伝えしています。

オンライン授業(遠隔授業)のやり方は2種類

コロナウィルスの影響による休校措置として、また、地方の一部の学校などでも導入されているオンライン授業(遠隔授業)。遠隔授業には、主に2つのやり方があります。

1.事前に録画して動画配信をする授業

教師があらかじめ授業を録画して、生徒に動画を配信する方法です。Zoom等のアプリがなくても、YouTubeなどの動画アプリに限定公開でアップロードするだけで、無料で実施できます。生徒は、もらった動画を好きな時に見ることができて、何度でも見て復習できるのがメリット。コロナウィルスの影響などで急遽、休校になった際にも、対応しやすいでしょう。

授業の進行は通常授業ととくに変わりませんが、生徒は質問がしにくいので別途メールでの質問の受け付けや、なぜ?といった疑問をあらかじめ授業に盛り込むなどの工夫をしましょう。

2.リアルタイムで行うLIVE授業

ZoomなどのLIVE配信アプリを利用して、リアルタイムで行う遠隔授業です。録画授業とは違い、先生や仲間たちの顔を見ながら授業が受けられて、質問や意見共有なども行えます。先生機の資料画面の共有や、アプリによっては生徒同士でグループを組んでディスカッションを行うことも可能。

ただし、複数人が同時に喋ると音声が聞き取りづらくなるため基本的に一対一の対話となり、時間がかかったり集中力が途切れやすくなったりといったデメリットもあります。慣れるまでには、先生も生徒も時間がかかるかもしれません。

LIVE授業ができる!遠隔授業のおすすめツール

Zoom

おすすめポイント

Microsoft Teams

おすすめポイント

Google Meet

おすすめポイント

Webex

おすすめポイント

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選