授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » GIGAスクール構想「自治体ピッチ」とは?

GIGAスクール構想「自治体ピッチ」とは?

こちらのページでは、GIGAスクール構想に関わる「自治体ピッチ」について紹介しています。どのようなイベントなのか、そしてどのような内容となっているのかを解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

自治体ピッチとは?

GIGAスクール構想に関連する取り組みとして、内閣官房IT総合戦略室主催の「GIGAスクール自治体ピッチ」が行われています。この自治体ピッチとは、一定要件を満たしたEd Tech業者が、自治体や教育現場に向けて自社が用意している端末のセットなどを紹介するものです。

それぞれの業者が、補助対象内となる45,000円内で構成した基本的なパッケージのほか、実績あるネットワークやアプリケーションなどを含めた応用パッケージについてプレゼンテーションが行っています。この自治体ピッチはリアルタイムで配信も行われたため、参加をしたという方も多いのではないでしょうか。

ちなみに「政府CICポータル」では、自治体ピッチについて下記のように紹介しています。

自治体ピッチは、地方自治体のデジタル化の更なる促進を目指し、共同利用可能なシステムやアプリケーション等を、開発者(ベンダー等)が地方自治体に対してプレゼンテーション(ピッチ)し、相互に意見交換を行うことで業務の改善・システムの改善を目指す場として、毎年9月を目安に内閣官房IT総合戦略室が開催しているイベントです。

引用元:政府CIOポータル(https://cio.go.jp/jichitai-pitch)

GIGAスクール構想にマッチした「45,000円基本セット」とは?

自治体ピッチを行った業者の基本パッケージを見ると、45,000円で収まる内容となっています。これはGIGAスクール構想における政府の助成金は「45,000円」と定められているためです。

さらに自治体ピッチの中では、教育用のアプリや運用保守などのオプションを組み合わせた「応用パッケージ」も紹介されました。

自治体ピッチ参加業者(ベンダー)は?

自治体ピッチには様々な会社が参加しています。ここではその中のひとつ「NTTコミュニケーションズ株式会社」について紹介します。

同社が提供する、GIGAスクールの基本パッケージは、LTE環境により快適に利用できる点が特徴となっています。たとえ学校内でWi-Fi環境が整えられていたとしても、各家庭ではWi-Fi環境が整えられていなかったり、環境が不安定となるケースもあります。そのため、LTE対応にすることによって場所に関わらず学習できるというのがこの基本パッケージの魅力です。校外学習などでも活用することができるでしょう。

このように、自治体ピッチでは各業者が自社が用意した基本パッケージの魅力について紹介を行っています。

業者選びが重要なGIGAスクール

GIGAスクール構想においては、生徒児童に1台ずつの端末を配布するだけではなく、どのGIGAスクール構想向けのセットプランを選択するか、という点もポイントとなってきます。そこで選択する際に重視しておきたいのが、「学校現場が使いやすい」という点と「生徒の学びに幅広く活用できるもの」を選ぶという点です。自治体や教育現場は、セットプランを用意している業者の説明をしっかりと聞き、より良いものを選ぶことが重要といえるでしょう。

授業支援システム・ソフト
一覧を見る

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選