授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » GIGAスクールサポーターとは

GIGAスクールサポーターとは

GIGAスクール構想を進める上では、学校におけるICT環境の整備が重要なポイントとなります。その整備のサポートを行うのがGIGAスクールサポーターと呼ばれる存在。こちらのページでは、GIGAスクールサポーターの役割やICT支援員との違いなどについてまとめました。

GIGAスクールサポーターが対応してくれること

GIGAスクールサポーターの役割は、学校でICT整備を行う際の初期対応について技術的な面からサポートをするという点が挙げられます。具体的には下記のような内容について対応します。

ICT支援員となにが違うの?

GIGAスクールサポーターとICT支援員の違いがわかりにくい、と思っている方もいるのではないでしょうか。それぞれの役割を見てみましょう。

上記の通り、GIGAスクールサポーターは「ICT導入初期」において技術的な支援を行うのに対して、ICT支援員は「日常的」なICTに関する支援を行うといった違いがあります。

GIGAスクールサポーターには補助金制度がある

ICT環境整備の設計などを行うにあたってICT技術者を配置する場合、経費の2分の1が国から補助されるGIGAスクールサポーター配置支援事業」が用意されています。

標準補助額については「対象学校数÷4×2(4校に2人の割合)×230万円(雇用単価/年)×1/2(半年)×1/2(補助率)」という計算式で表されるように、「年収230万円のサポーターを半年間配置する」というイメージになっており、そのスタッフを4校に2人の割合で配置するという計算になります。

ただし、上記はあくまで標準イメージとなっていますので、補助金配分額の範囲においては「整備期間が長引くため、1人のサポーターが担当数学校を増やす代わりに、配置する期間を1年に延長する」といったように実情に応じた運用を行うことも可能とされています。

GIGAスクールサポーター制度の対象となる学校は?

こちらの事業における補助事業者は都道府県(都道府県立高校分)および市町村(市町村立学校分)で、対象学校種は公立の小学校・中学校・義務教育学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校となっています。

ちなみに、GIGAスクール構想における機器整備費の対象は小学校と中学校のみとなっているため、この点と混同しないように注意が必要です。

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選