授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » 授業支援システムとは? » 授業支援システムを買い替える時の注意点

授業支援システムを買い替える時の注意点

授業支援システムを買い替える理由や、買い替えの際に注意したいポイントをお伝えしています。

授業支援システムを
買い替える理由は?

授業支援システムの導入している学校の中には、より良い機能を求めて買い替えを行うところも少なくありません。買い替えの理由としては、下記のような例が挙げられます。

文部科学省が取り組んでいる「GIGAスクール構想」では、主にハード環境の整備をしてくれるため、ソフト自体は好きなものを使うことができます。そのため、導入したソフトの機能性や使いやすさに満足できなければ乗り換えを行う選択肢もあるのです。また場合によっては、より良い授業を行うために複数のソフトを導入する方法などもあります。

おすすめの授業支援システム・ソフトはこちら>>

授業支援システムを
買い替える際の注意点

授業支援システムの買い替えは、ソフトをインストールするだけで手軽にできますが、教員が使い方をイチから覚える必要があったり、生徒に周知させたりといった手間がかかります。失敗しないためには、買い替え時に下記の点をチェックしましょう。

必要な機能がすべて揃っているか

新たに必要な機能だけでなく、現状使っている機能も含めて、必要なものがすべて揃っているか確認しましょう。実際の授業でどのように活用できるか、導入事例のチェックや無料版を使ってみて操作性を確かめるのもおすすめです。

ハード機器・OSのバージョンと
互換性があるか

導入から数年後に買い替えを検討する場合、今使っているハード機器やOSのバージョンに対応していない可能性もあります。互換性があって動作するソフトを選びましょう。

端末の種類を変更できるか
確認しておく

ハードをある程度機器の年数使っている場合、近い将来で別のハード機器に変更する可能性もあるので、端末の種類を変更できるかも確認しておくと安心です。

トラブル時のサポート対応を
チェック

当然のことながら、授業支援システムが変われば提供する会社によってサポート対応が変わります。万が一の時にバタバタしないようトラブル時のヘルプページや連絡窓口は、あらかじめ確認しておきましょう

スムーズに導入できる
スケジュールを組む

システムの変更には、教員が試運転をしたり生徒に使い方を覚えさせたりとそれなりの時間がかかります。よほど急ぎでない限りは年度末や学期末などに導入するようにして、スムーズに授業が開始できるスケジュールを組みましょう

目指したい授業スタイルを決めてからシステムを選ぶ!

授業支援システムにはそれぞれ突起した機能や特徴があります。どのシステムを選ぶかは各学校の目標や叶えたい授業スタイル、課題を明確にしてから選ぶことが大切です。

双方向授業に取り入れ生徒全員の学習状況を確認しながら進行したい、何らかの事情により来校できない場合でも遠隔授業や連絡ツールに利用したい、生徒の語学教育に力を入れたい、生徒の基礎知識を底上げしたい、授業準備や統計など教員の仕事の負担を軽減したい、など学校ごとに目指したい方向性は異なるはずです。授業支援システムの機能情報を集めたり、すでにGIGAスクール構想を取り入れている学校を参考するなどして自分たちの授業システムに合うものを選んでください。

小学校・中学校の
授業でおすすめ!
授業支援システム・
ソフト5選

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選