授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » 不登校児童の助けになるICT教育

不登校児童の助けになるICT教育

ICT教育は、不登校児童をサポートするのにも活用できるシステムです。不登校の状態が続くと授業に乗り遅れてしまうこともありますが、ICT教育をうまく活用し、そういった問題解決に取り組んでいきましょう。

不登校児童へのICT教育の効果

ICTを取り入れることにより、さまざまな教育効果が期待できます。特に不登校児童に対して期待できる効果といえば、以下のようなものです。

自分のペースで学習できる

ICTの中には、自分のペースで無理なく学習できる仕組みを整えているものがあります。不登校になっている児童の中には、学習の集中時間がとても短い子もいますが、自分のペースで学習ができれば、少しずつ学びを深めていくことが可能です。 自分ひとりで学習するのは大変ですが、しっかり学校側などがサポートできる体制を整えれば、効果的な学習につなげていけます。

人との関わり合いに興味が持てる

不登校になっている児童の中には、言葉でのやりとりがうまくできない子どももいます。 ICTを活用した方法の中でも文字のみでのやりとりから始めれば、そういった子どもに対しても負担をかけることなくアプローチ可能です。 子どもが少しずつ慣れてきてからメールやチャット、最終的にはカメラ機能などを活用したコミュニケーションにつなげていけます。

登校に前向きになってくれることもある

少しずつ段階を踏んでコミュニケーションを築き、お互いに信頼できるような関係性が作れば、子どもの「一緒に過ごしたい」といった気持ちを高めることもできるでしょう。 不登校の児童と講師だけの関係性ではなく、 ICTを活用してクラスの児童と不登校児童のコミュニケーションをサポートすることも不可能ではありません。

ICTを活用した自宅学習は出席扱いになる

不登校の状態で学校を休んでいたとしても、 ICTを活用して自宅学習を行えば、出席扱いとなるケースがあります。 出席扱いとして認められるためには、いくつか満たさなければならない条件があるので、事前に確認しておきましょう。例えば、保護者と学校が十分に連携し協力関係が保たれていることや、訪問や対面指導が適切に行われることなどです。他にも条件があり、これらを満たしている場合に対象となります。

ICTを活用した教育支援の実践事例

実際にどのような形でICTを活用した教育支援が行われているのか、実践事例について解説します。

Zoomを利用した事業の配信と交流

オンラインでWeb会議・ビデオ会議などができるアプリケーション「Zoom」を活用した事例についてです。 校内の生徒指導委員会で支援策や学習内容などを決め、自宅での学習に取り組みました。Zoomで授業を配信して自宅で学習できる環境を整えたほか、休み時間の様子も配信し、他児童との交流促進に役立てたそうです。 長く登校できていない不登校児童は学校の様子が全くわかりません。こういった形で他児童との交流をサポートできれば、登校を前向きに考えてくれる児童も出てくるでしょう。

別室登校と家庭学習で活用した事例

学級担任が事前に事業で使用するプリントなどを送信し、毎朝オンラインで生徒と面談を行いました。家庭学習時はクラウド上のワークシートなどを活用し、別室登校時はオンラインで授業配信を行うなどして学習できる形です。 また、家庭訪問などを行い、学級担任が学習状況についてしっかり把握しながら指導できる形を整えました。

授業支援システム・ソフト
一覧を見る

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選