授業⽀援ソフト

の⽐較表を⾒る

CHECK!

授業支援ソフト・システムポータルサイト » コラム|GIGAスクール導入で変わる、これからのICT教育 » AR地球儀「Shifu Orboot」

AR地球儀「Shifu Orboot」

米国のスタンフォード大学とインド工科大学の卒業生が創った(※1)といわれているAR地球儀「Shifu Orboot」。発売を開始してから、学校の先生から「授業で使ってみたい」という声が多く届き、キッザニアやABI-STA、パソコン教室などに導入され、海外35カ国100万人以上(※2)の教育関係者からも注目されています。発売元では、2022年春には使ってみたい学校を募集していました。当選した学校にはもう届いているのでは。子どもたちの反応はどうだったのでしょうか。AR地球儀にはどのような特徴についてご紹介します。

※1・2参照元:https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_atpress_302879/

AR地球儀「Shifu Orboot」とは

今までの地球儀は国の名前と位置を確認するためのもので、指で示した国がどんなところなのかは、教科書や本で調べなければわかりませんでした。Shifu Orboot は、ARと地球儀が融合。地球儀の上に描かれているのはイラストのみ。国名や国境は書いていません。見たいイラストを選んでスマホやタブレットにカメラをかざすと立体的に物が映し出される仕組みです。

例えば、アフリカのサファリにいる象を見てみましょう。象に関する情報が詳しく書かれていて、餌をあげることもできるのです。餌の項目から「バナナ」をタップ。すると、ヤシの木があらわれて、象がバナナを鼻で取って食べている様子が見られるのです。こんな楽しい地球儀があったら、子どもたちもゲーム感覚で楽しく学ぶことができるでしょう。

対応している機種は、iOSとAndroid。Amazon Fireはサポートされていません。アプリをダウンロードするにはWi-Fi環境が必要です。

豊富な情報量

Shifu Orbootには、 ARくわしく知るやツアー、ミステリー、クイズWIZの4つのモードがあり、Animals(動物)やCultures(文化)、Cuisines(料理)、Interventions(発明)、Maps(地図)、Monuments(文化的建造物)といった項目に分かれています。あらゆる知識がここにギュッと詰まっているのです。

操作方法は、画面の真ん中にある「☆マーク」を地球儀の上の「☆マーク」に合わせるとBGMが流れて3D映像が浮かび上がります。それぞれの項目をクリックすれば、☆マークで概要、電球が点滅しているマークでもっと詳しいことがわかり、?マークはクイズが出題されるのです。クイズが分からなくても虫眼鏡のマークをタッチして地球儀にかざすとヒントがもらえます。対象年齢は6歳以上です。アプリの言語設定で日本語を選択できますが、項目名は日本語に変わりません。

国名や国の位置はアバウトなこともある

Maps(地図)を選択すると、地図の上にそれぞれの国の国旗が浮かび上がります。Shifu Orbootには国の形や国境が書かれていないので、国名や位置はアバウトなこともあるようです。地球儀のように、国の正式名称もわかりません。そこが地球儀と異なるところ。地球儀に比べれば、圧倒的に情報量は多いです。国旗で国の名前を覚えることには適していますが、正式な国名や位置を子どもたちに教えるには、少し物足りないかもしれません。おもちゃのように遊びながらいろいろなことが学べるので、子どもが地理に興味を持つきっかけになるのではないでしょうか。

付録でも遊べる

Shifu Orbootには、各国旗のシール張やおもちゃのパスポート、スタンプが付いています。子どもはシールやスタンプが好き。こういう付録が付いているのもうれしいですね。パスポートにスタンプを押せば、子どもたちで空港の職員さんごっこをして遊ぶことも。家にいながら海外旅行に行った気分にもなれます。気になる国を見つけたら、地球儀で調べてパスポートに記入してみましょう。国旗を覚えることもできるので、便利です。

アプリで地球儀なしでも遊べる

双眼鏡の「くわしく知る」をタップすれば地球儀なしでも遊べます。他にもクイズゲームや画面上で地球儀を回して遊ぶことも。使用した人の口コミによると、「日本語訳がわかりにくい」という声もあるようです。

アプリの設定方法は、iPhoneやiPadはAppStore、AndroidはGoogle PlayストアからOrboot Dinosアプリをを検索。アプリ内の課金はありません。英語や日本語、スペイン語、フランス語など6つの言語から好きな言語を選べます。かけ算で数字を入力、「はい」を選択します。好きな名前をメールアドレス、グレードを選んだらダウンロードがスタート。接続環境によって異なりますが、4分くらいでダウンロードが完了します。

対応機種は、iPhone6以降、iPad第5世代以降、iPad Air全モデル、iPad Pro全モデル、iPad Mini2以降。Androidは最小3GBのRAMを搭載したすべてのデバイスです。

学習補助教材に取り入れてみては

Shifu Orbootは、子どもたちの好奇心をくすぐる商品です。これを使えば、探求心も養われ、たくさんの知識を習得し、想像力や言語能力がアップする可能性も。少しおかしな日本語に変換されることもあるようですが。遊びながら学ぶと、どんどん興味が湧いてきます。子どもたちが世界のことを学ぶきっかけにもなるので、 AR地球儀「Shifu Orboot」をGIGAスクールの学習補助教材に取り入れてみてはどうでしょう。

授業支援システム・ソフト
一覧を見る

システム・ソフトを1つ導入して、満足してませんか?

授業支援システムを組みあわせて、
もっとICT環境を活用した授業へ

各ソフトにはそれぞれの機能があり、できることも違いますが、「モニタリング系」「思考共有系」「教材系」違うジャンルのソフト・システムを組みあわせて使うことで、授業をもっとスムーズにすることができます。 当サイトで紹介した6つの製品のうち、「モニタリング系」と「思考共有系」と「教材系」でジャンル分けしてご紹介します。

叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選
叶えたい授業スタイルで選ぶおすすめの授業支援システム5選